2017/10/20 12:00

ハウスキーピングサービスを利用して 子育て在宅ワーカーの職場環境改善

夫と二人三脚で家庭と職場を上手に回す



 水野祐美子さんは、株式会社アーネストの代表取締役社長だ。

 大学卒業後、テレビ制作会社のAD、音楽番組制作会社や大手外資系企業の社長秘書として働いていた水野さんだったが、2001年に実父が脳梗塞で倒れたことで、大きく人生が変わる。

 父は元来健康で、麹町で料亭を営んでいた。しかし突然の病気により、祐美子さんは会社をやめ、夫の總さんとともに実家に同居することとなった。介護・看護が始まり、生活が変わったのと同時に、それまでの世界では縁のなかった施設や人と知り合うこととなった。

「障害のある人、その家族という世界を初めて知りました」と祐美子さんは淡々と語る。

 そんなある日、心臓の発作で倒れてリハビリをしていた40代の男性が「今、再就職に向け、パソコンを勉強しています」と言っているのを聞き、障害者であっても社会で活躍したいと願う人が多いということに気づく。

 経済的自立ができれば生きがいが持てる。楽しく積極的に人生を生きることができる。そのために自分たちに何かできることがあるのではないか、と考えて總さんと始めたのが、株式会社アーネスト(以下、アーネスト)だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >