2019/07/24 22:00

この夏イチオシの髪型はコレ!失敗しない「最旬ショートヘア」9選

「今年の夏はショートヘアに挑戦してみたい」「短いヘアスタイルが似合う女性に憧れる」……。そんな方も多いのではないのでしょうか? けれども、ひとえにショートといってもどんなスタイルにしようか悩みますよね。

今回は、失敗しにくい王道ショートヘアから、今年のトレンドまでタイプ別に9つのスタイルをご紹介します。

1:初挑戦でも大丈夫!「王道ショートボブ」

世代を問わず幅広く似合う、王道の“ショートボブ”。「短いヘアスタイルが自分に似合うか不安だけれど、ボブよりは短くしたい……」という方におすすめ。

髪質や頭の形によっては、難しい髪型もありますが、似合わない方はほとんどいない髪型なので、失敗したくない方には特におすすめです。

2:一気にあか抜けショートヘア!「スッキリ×きれい」

首すじをキレイに見せるために、えりあしをすっきりと、タイトに仕上げているところがポイント。

顔まわりの髪の毛を輪郭に合わせてカットすることで、小顔に見せることができます。頭が小さく見えるのでスタイルアップしたように見せることもでき、一気にあか抜けた雰囲気になれますよ。

3:アレンジも自由自在!「丸みショートボブ」

カッコいいショートヘアがトレンドでしたが、最近は丸みのあるショートヘアも人気! ボブよりはスッキリ、でもショートヘアより長めのショートボブはこの夏の大本命。スッキリしながらも、柔らかい印象に仕上がります。

スタイリング次第でショートにもボブにも見せられるだけでなく、暑い日はさっとまとめられる長さであることも魅力です!

4:トレンド&こなれ感がある!「マッシュショート」

トレンド感のあるショートヘアといえば、“マッシュショート”。前髪からサイドにかけて自然な丸みをつけながらカットすることで、おしゃれでこなれた印象に。

マッシュショートのポイントは、前髪を短くし過ぎないこと! 前髪が短過ぎると幼い印象になりやすいです。

5:短すぎる髪に抵抗がある人におすすめ!「えりあしギリギリボブ」

えりあしのギリギリまで短くカットした“ボブスタイル”。「バッサリと、ショートヘアにしたい!」と意気込んでいても、いざ美容室の鏡の前に座ると躊躇してしまうもの。

切ってしまったら、伸ばすまでに時間がかかるので、一度ボブで様子を見てからカットするのも良いのでは?

6:短め前髪でおしゃれにキメる!「フルバング×オン眉」

若々しさやおしゃれさを強調したいときは、“フルバング×オン眉”がおすすめ。

前髪を眉上の長さにすると、おでこが広く見える分、顔のパーツの中心が下がって見えます。すると、若々しくかわいらしい印象に仕上げることができますよ。おしゃれが好きな方に特におすすめです。

7:伸ばしかけの前髪でも悩まない!「ハンサムバング」

前髪を長めにつくるヘアスタイルのなかでも、特に流行しているのは“ハンサムバング”。前髪は目にかかる程度の長さです。

長めゆえに、前髪は流すことも下ろすことも可能! 前髪を流すとかっこよくすっきりしたスタイルに、前髪を下ろすとかわいらしいスタイルに仕上がります。

アレンジ次第でいくつものパターンのスタイルを楽しむことができる、今イチオシの前髪です。

8:サイドパートで優しくフェミニンに!「大人×色っぽショートヘア」

かっこいいを演出したいときはセンターパートがおすすめですが、優しくフェミニンな印象に仕上げたいときは“サイドパート”にするとよいでしょう。

さらに、華やかなウェーブを加えることで女性らしさをますますアップさせることができるので、色っぽい大人の雰囲気も演出できるはず。

9:2019のイチオシはこの色!「マットブラウン×ショートヘア」

いまイチオシなのがマットブラウン! マットの色味が日本人に多い髪の赤みをおさえてくれるためやわらかく、ツヤツヤに見せてくれるカラーです。

このヘアカラーの場合は、髪を巻かず乾かしてストレートのままでもサマになるようにカットするのがポイント!耳周りや襟足は短くスッキリしつつも、髪の表面は長めに残すことでやわらかさを残しつつスッキリとしたショートヘアになります。

 

ヘアスタイルをガラッと変えることで見た目だけではなく、気持ちまで変わることも!2019年はショートヘアで新しい自分を見つけてみては?


※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >