2017/12/26 21:40

飲み会シーズンの胃腸ケアにおすすめ。やっておきたいヨガポーズ

年末年始のお休み中は、食事会やお酒を飲む機会が増えますよね。いつもよりも胃腸を酷使するこの時期は、その後のケアを心がけるだけではなく、酷使する前にケアをすることを忘れないことが大事になってきます。

今回はヨガインストラクターである筆者が、年末年始の胃腸ケアにおすすめなヨガポーズをご紹介します。

 

胃腸を刺激して整えておこう

今回ご紹介するのは胃腸の調子を整える、食欲不振、食べ過ぎの胃のもたれにおすすめの『コブラのポーズ』です。

胃腸に不調を感じた時に行うのもいいのですが、コブラのポーズは内臓の働きを本来の正常な状態に整えるためにもぜひ行って欲しいポーズです。

 

プジャンガ・アーサナ「コブラのポーズ」

出典:https://gatta-media.com

(1)うつ伏せ寝をします。

(2)脚は腰幅程度に開き、手を胸の横へ置き、脇は軽くしめておきます。

出典:https://gatta-media.com

(3)息を吐きながら軽くお腹を引き締め、吸う息のタイミングで頭を持ち上げ、そのまま首、胸、寝中と背骨が起きる順番に上体を起こしていきましょう。

(4)肩と肩甲骨は下げたまま、首から頭を引き伸ばしていくように。

(5)胸、お腹、背中の力を意識してポーズを支えます。この時両足先が浮かないように気をつけて。

(6)5~10呼吸ほどキープして、ゆっくりと上体を下ろしていきます。

(7)この一連の流れを3セットほど行います。

 

ポーズを終えたら体を丸めて休みます

出典:https://gatta-media.com

ポーズを終えたらチャイルドポーズで休みましょう。かかとの上にお尻を下ろして体を丸くします(正座の状態で、上体を前に倒す)。両腕は前方に伸ばしても、体の横に自然と下ろしてもOKです。

 

最後にとる“チャイルドポーズ”は、このポーズ自体が疲労を休める効果が期待できたり、脚を圧迫して軽くストレッチができるので、暴飲暴食後のむくみケアにもおすすめ。予定が分かっている食事会の時は、胃腸の不調が出る前に、このポーズをとって事前に胃腸を整えておきましょうね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >