2018/04/20 20:30

なんとなくだるい…東洋医学で見る「春うつ」のときに食べたいモノ

新生活に慣れた頃になりがちな“五月病”。なんだかやる気が出ない、なんとなく憂鬱……。この時期に、そんな経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

春は自律神経が乱れやすいから、“春うつ”になりやすいといわれていますが、春の気持ちの落ち込みは東洋医学でも解説ができるんです。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が、春うつ対策に食べたい物をご紹介したいと思います。

 

春うつは春の五臓「肝」の影響かも

東洋医学では、春は“肝”と関わりが深いとされる季節。東洋医学の“肝”は、肝の気が体の中をぐるぐる回ることで体がちゃんと機能し、血液を貯蔵して血流を調整しているとされています。

健康に過ごすために欠かせない働きをしているのですが、困ったことに“肝”はちょっと繊細でストレスに弱い五臓。

冬から春に入り、季節が陰から陽に入ったことで、大地に陽気が増えるのですが、この陽気は人体にも入ってきます。すると、肝は気が増えすぎて、肝気が通り過ぎるとイライラして怒りっぽく、肝気が滞ると気持ちが塞いで鬱々としてしまうのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >