2018/04/21 20:30

パタパタしたあと伸ばすだけ!「パンパンふくらはぎ」のカンタン対処法

パンプスを履くと、夕方にはふくらはぎがパンパンになってしまう。痛くてだるくて靴を脱ぎたくなる。でも、脚を美しく見せてくれるパンプスはなかなかやめられませんよね。同じ女性として、気持ちはとてもよく分かります!

しかし、ふくらはぎがパンパンになってしまうのは仕方がないこと……と諦めないでください。ヨガインストラクターである筆者が、簡単にできるパンパンふくらはぎリセット法を教えます。

 

ハンプスを履いたら「前のめり姿勢」に注意

かかとの位置が地面から上がるパンプスやヒールを履くときは、体を支える筋力がとても必要になります。その体幹を鍛えるのは時間がかかるので、まずはヒールを履くときの重心を気をつけましょう。

まずはサイズの合わない靴を履くのをやめましょう。靴が脱げないようにするために踏ん張ったり、きつくて足の運びが不自由になったりすることも。

さらに、かかとが上がる姿勢は指先の方へ重心がかかり、前のめりの姿勢になりがち。この姿勢は常にふくらはぎに力を入れて踏ん張る状態になります。かかとに重心を乗せるようにして、背中、腰をまっすぐにするようにしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >