2018/05/09 21:00

簡単だからこそ要注意!「美脚エクササイズ」の逆効果ポーズ2つ

(4)(1)の姿勢に戻ったら、反対側も同様におこないましょう。

 

美脚エクササイズの逆効果ポーズ2つ

次は、このエクササイズをおこなう際に気を付けるべきポイントを解説します。

(1)ひざが前に出すぎている

上の写真のように、前に踏み込んだときにひざが前に出すぎてしまうと、ひざ関節を痛める恐れがあります。

ひざはなるべく90度の状態で、上からつま先が見える位置をキープしましょう。

(2)ひざが内側に入っている

前に踏み込んでいる側のひざが内側に入りやすい人は、内ももの筋肉が弱いか、もしくは力が抜けて楽な姿勢になってしまっているかもしれません。

ひざが鼠径部からの延長線上に来るよう、しっかり開いてみてください。

 

エクササイズを安全かつ効果的におこなうため、ぜひ参考にしてみてくださいね。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >