2018/05/25 22:00

またすぐとれた!パーマが長持ちしないNG習慣と長持ちさせる方法

サロンでパーマをかけた日はばっちりの仕上がりだったのに、1ヵ月も経たないうちにパーマがとれてしまった……という経験はありませんか?

選んだパーマの種類が悪かったのかもと、気がつけばパーマ難民になっている方も少なくないでしょう。

しかし、実際はあなたの日頃のNG習慣が、パーマがすぐとれる原因だったのかもしれません。

そこで今回は、表参道にある美容室『Roops』の副店長であり美容師の平川勇気さんに“パーマを長持ちさせる方法”について伺いました!

 

パーマの種類によって持ちの違いがある? 

「パーマの種類によって若干の持ちの違いはありますが、それよりもお客様それぞれの髪質によって差が出やすいです。

美容師は、髪質をしっかり見極めたうえで、パーマの種類を選びご案内しています。

かけるパーマよりも、髪質に重点を置いて考えるとよいでしょう」と話す平川さん。

自分の髪質に合ったパーマを選ぶことが、持ちのよさを引き出すヒントのようですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >