2018/05/25 22:00

またすぐとれた!パーマが長持ちしないNG習慣と長持ちさせる方法

 

自分でできるパーマを長持ちさせる方法は?

「サロンで教えてもらう乾かし方を、しっかり真似してやるのが一番よいでしょう。

たとえば、髪の毛先をねじりながら乾かしたり、パーマがかかっている部分を手のひらのなかにやさしく揉みこみながら熱風を閉じ込めるようなイメージで乾かす方法も、パーマが長持ちするコツです。

意外と大事なのが、日頃のヘアセットのなかで、ワックスやムースといった、パーマの形状をキープできるスタイリング剤をつけることです。

普段からパーマの形状を髪に記憶させるようにしましょう」

髪を乾かすときに指でくるくるねじることなら、続けられそうですね。

平川さん曰く、「必ずパーマが長持ちするとは言い切れないのは、髪質やダメージ具合によっても変わるからです。

お客様にとって、初めてのパーマか何回もパーマしているかによっても変化してきます。

個人差はありますが、NG習慣をあらためることで、かけたパーマが最低2〜3ヵ月くらいは持つと考えられるでしょう」とのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則正しい生活習慣を身につけると、生活が安定するよ。悪いク...もっと見る >