2018/05/30 21:00

梅雨の外ハネを何とかしたい!長さ別「ボブ」の簡単スタイリング術3つ

暖かい日が続く今日この頃、まもなく訪れるのが“梅雨”ですよね。雨の日にはスタイリングがなかなうまくできず、毎朝髪と格闘している方も多いのではないでしょうか? 特に髪型が“ボブ”の方は、毛先が外にハネてしまうことが多々。

そこで今回は、ショート・ボブヘアのスペシャリストの筆者が“梅雨時期のボブ女子のための外ハネ防止お手入れ術”を、髪の長さ別にご紹介します。

 

1:「王道肩上ボブ」なら外ハネの心配なし

この長さは襟足もサイドの髪も跳ねずに収まる王道のボブです。「とにかく外ハネのしない髪型にしたい!」という方にはとってもおすすめです。

とはいえこの髪型も、梅雨時期には湿気により水分量が不均一になり、髪が膨潤して広がってしまうことがあります。そんなときは、ドライヤーでお手入れしてみましょう。

(1)まず、保湿タイプの洗い流さないトリートメントを毛先中心に馴染ませます。その後、根元を中心にドライして髪を1本1本起こしましょう。

(2)毛先に向かって指を通し、少し引っ張ります。

(3)毛先を前方にねじりながらドライヤーを当て、毛先を内巻きにします。

(4)ブラシで軽めに熱を通し、ツヤを出したら完成です。

 

2:内巻き・ミックスカール自由自在!「肩すれボブ」

この長さは、内巻きもミックスカールもどちらも可能な万能ボブです。

湿気により癖が出る日と出ない日があると思うので、その日の髪の状態に合わせたお手入れをしましょう。

(1)寝癖や湿気による癖を、ドライヤーで適度に直します。

(2)この時点で癖がある程度収まっていたら32mmのコテを使用して大きな内巻きにし、保湿スプレーをして完成です。

(3)あまり収まらない場合は、さらに26mmのコテを使用して外巻き内巻きを中間部から滑らせるように入れましょう。

(4)ヘアバームを使って適度にほぐし、ゆるふわくせ毛風に整えたら完成です。

 

3:ハネを活かしたアレンジを!「肩下ロブ」(ロングボブ)

この長さは髪が肩に当たるので、外ハネしやすいスタイルといえます。そこで、外ハネを活かしたスタイリングをするか、簡単なヘアアレンジをするのがおすすめです。

(1)癖を活かすように、26mmのコテで外ハネに巻きます。

(2)スタイリングオイルを毛先~中間~根元に馴染ませ、ラフに揉み込みます。

(3)バランスよく整えて耳かけをすれば完成です。

(4)もしそれでも広がりやすいときは、顔まわりの後れ毛だけを残して低めの位置でラフにくくりましょう。トップにボリュームを出すように引き出せば、簡単アレンジの完成です。

 

ボブは長さに応じたお手入れ方法やスタイリング方法があり、“梅雨=ハネや癖を直す”だけではありません。さまざまなヘアスタイルを楽しんでくださいね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >