2018/06/14 20:30

梅雨にむくみやすいのはなぜ?すぐに試せる「簡単むくみケア」2つ

降り続く憂鬱な雨に、なんだか体調まですっきりしない梅雨の季節。頭痛や肩こり、体のだるさなど、梅雨の時期に不調を感じる人は多いといわれています。

なかでも、女性が特に気になるのは、梅雨の時期にひどくなる“むくみ”ではないでしょうか。体の中に余分な水が溜まっていると、体が重だるく感じたり、水分が冷やされて体が冷えたりすることも。なるべくむくみとは無縁の生活を送りたいですよね。

今回は国際中医薬膳師の筆者が、“梅雨のむくみ対策”についてご紹介します。

 

梅雨にむくみやすいのはなぜ?

東洋医学によると、梅雨のむくみの原因は「湿邪」?

出典: Winzy Lee/Shutterstock

東洋医学では、外気は体の中にも影響すると考えられています。邪気とよばれるもので6つあるのですが、梅雨は“湿邪(しつじゃ)”が体に影響を与えやすい季節です。

梅雨は湿度が高く、外気の湿気が体の中にも入ってくるという考えで、体の中に余分な水分が増えることが頭痛や肩こり、むくみ、だるさ、胃腸の不調など様々な影響を与えるといわれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >