2017/11/22 21:00

冷えは女性の大敵!? 体ぽかぽかを目指す3つの簡単ヨガポーズ

体の“冷え”に悩まされる季節がやってきました。寒くて辛いだけではなく、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、肌荒れしたり、肩こりが悪化したり……。冬を元気に美しく乗り切るためには、体をぽかぽかに温めてあげるのがマスト!

そこで今回は、ヨガインストラクターである筆者が、身体が温まるヨガポーズを3つ紹介します。

 

血流改善に「仰向けのねじりのポーズ」

腹部には内臓がありますよね。ヨガのねじりのポーズは、腹部をソフトにツイストして内臓に適度な圧を加え、血流をよくする効果があると言われています。

まずは、お腹をぽかぽかに温めてくれる“仰向けのねじりのポーズ”を取ってみましょう。

(1)床に仰向けになり、両手を肩の高さに広げます。

(2)息を吸いながら両足を真上に持ち上げましょう。

(3)息を吐きながら両足を左側に倒し、顔は右側に向けて鼻呼吸を5回繰り返し。

出典:https://gatta-media.com

(4)(2)の姿勢に戻ったら反対側も同様に。

ねじりがつらかったり体に違和感があったりする方は、ひざを曲げた状態でキープ。

 

呼吸を深く「橋のポーズ」

続いては、胸の周りがストレッチされて呼吸機能が高まるといわれる“橋のポーズ”。深くて長い呼吸は、血流を促して冷えを改善したり、細胞を活性化したりする効果が期待されています。胸をしっかり開いて、酸素をたっぷりと取り込んであげましょう。

肩周りのストレッチにもなるポーズなので、肩・肩甲骨の辺りがジワジワと温まってくるのも感じられますよ。

(1)床に仰向けになり、ひざを立てます。

出典:https://gatta-media.com

(2)お尻を高く持ち上げ、腕と肩を体に引き寄せましょう。

出典:https://gatta-media.com

(3)体の下で両手を組み、胸を斜め上に押し出したら鼻呼吸を5回繰り返します。

出典:https://gatta-media.com

 

下半身の血流アップを目指す「トカゲのポーズ」

“トカゲのポーズ”は、股関節を前後に大きく開くことで動脈・静脈・リンパの流れを促し、下半身の血流をよくする効果が期待できます。

さらに、体幹部もしっかりと使うため体のエネルギーが高まるポーズとも言われています。ポーズを取った後は、体に活力が湧いてくるのを感じられるでしょう。

(1)床に四つ這いになります。

※ 手は肩幅・足は腰幅に開き、肩の真下に手首・股関節の真下にひざをついてください。

(2)右足を大きく踏み出し、右手の外側に。

(3)左ひじ、右ひじの順に床につきましょう。

(4)左ひざを持ち上げて体を床と平行にしたら、鼻呼吸を5回繰り返します。

出典:https://gatta-media.com

(5)反対側も同様に。

 

すべてのポーズをおこなうのも、好きなポーズを組み合わせるのもよいでしょう。冷えに負けない体作りの参考にしてみてくださいね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >