2017/06/07 16:00

軟骨は40代から摩耗…ひざの痛みを治す簡単ストレッチ【前編】

 
「ひざ痛が起きても、ひざを正しく伸ばすストレッチを続ければ、痛みも和らぎ、楽に歩けるようになります。ひざのトラブルはセルフケアで改善できますよ!」
 
こう語るのは、さかいクリニックグループ(東京都北区)代表の酒井慎太郎さん。柔道整復師の酒井さんは、これまで延べ100万人以上に施術。腰や首・肩、ひざなど関節の痛みを緩和するストレッチ体操を推奨している。今年3月には『変形性膝関節症は自分で治せる!』(学研プラス)を出版した。ひざの痛みは多くの場合、ひざ内部で異常が起こる「変形性膝関節症」が原因だという。
 
「運動不足や加齢、また前かがみなど悪い姿勢のままで生活を続けると、太ももの内側の筋肉が衰えます。すると、軟骨や半月板がすり減り、関節のクッション機能が低下します。これは40代から始まるので注意が必要です」(酒井さん)
 
ひざ痛の初期の段階であっても、お皿の上下の部分に痛みを訴える人も増えているという。
 
「お皿の骨と、ひざから太ももにかけて伸びる骨で構成される関節(PF関節)のスペースが狭まったり、すり減ることで痛みが発生するのです。ひざ痛の初期の段階に起こる人が多いので 変形性膝関節症もどき と命名しました。これも、悪化させないためには、やはりストレッチ体操が有効です」(酒井さん)
 
そこで、酒井さんが「変形性膝関節症もどき」「変形性膝関節症タイプ・初期」を解消する簡単ストレッチを教えてくれた。まずは「ひざ痛」の症状をチェック。
 
【変形性膝関節症もどき】
 
□ ひざのお皿(膝蓋骨)の真ん中、または上下に痛みがある
□ 屈伸すると、ひざから「ボキッ」などと音がする
□ 階段を下りるときは痛くないが、上るときに痛みを感じる
□ ひざを真っすぐに伸ばしづらくなった
※チェックが2つ以上当てはまる項目がある場合、ストレッチ1〜3、6を
 
【変形性膝関節症タイプ・初期】
 
□ ひざを真っすぐに伸ばしづらくなった
□ 腰痛や首痛に加え、最近ひざの「引っかかり」も感じる
□ デスクワークなど、ひざを曲げたままの姿勢が多い生活だ
□ 病院の診断では異常なしだが、それでもひざに違和感がある
※チェックが2つ以上当てはまる項目がある場合、ストレッチ1〜6を
 
【1】ひざ押しストレッチ
 
片足を低めのいすや平台などにのせ、ひざを真っすぐに伸ばす。手のひらをひざにのせ、なるべく垂直に押し込む。この体勢を30秒キープ。もう片方の足も同様に行う。1日2〜3回が目安。
 
【2】入浴ひざ曲げ伸ばし体操
 
1. バスタブの中で、両足を伸ばして座る。ひざに手のひらをのせ、腕で押し込む。この体勢を30秒キープ。2. ひざを抱え込むようにして最大限曲げる。この体勢を30秒キープ。3. 立ち上がって、ひざを片方ずつ伸ばす。手のひらをひざにのせ、体重をかけるように押し込む。この体勢を30秒キープ。もう片方の足も同様に。以上をワンセットとして入浴のたびに行う。※すべりやすいので転倒には注意。
 
【3】テニスボールストレッチ
 
1. ひざ裏の中央にテニスボールを当てる。2. 両手で足を抱え込むようにひざを曲げ、あおむけに寝る。この姿勢を30秒キープ。もう片方の足も同様に行う。1日1〜3回を目安に。
 
【4】クッション挟み体操
 
1. いすに座り、両足を肩幅程度に広げ、ひざでクッションを挟む。2. クッションを落とさないよう、両足を締めながら立ち上がる。この体勢を30秒キープする。1日1〜3セットを目安に。
 
【5】太もも伸ばしストレッチ
 
1. ひざ下をいすの上にのせて立ち、両手は腰に当てる。2. いすにのせたほうの足の力を抜き、ひざの位置をうごかさないようにしながら腰を落とし、前方に出ている足を曲げる。1日1〜3セットを目安に行う。
 
【6】ひざのお皿回し体操
 
床に座り、足の力を抜く。ひざのお皿の骨(膝蓋骨)の縁に両手の親指と人さし指の腹を当て、お皿を左右前後に動かすように30秒、さらにお皿を回転させるように30秒、動きを加える。もう片方も同様に。
 
簡単ストレッチで、ひざの痛みを一気に改善しよう!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >