2017/08/18 11:00

運動、食文化、働き方まで…“長寿県”が誇る生活習慣とは?

 
 「'15年度の厚生労働省の調査によれば、47都道府県で死亡率が最も高いのが青森県、そして最も低いのは長野県でした。この2つの県の差は、がん死亡率の差によるものだと思われます」
 
そう語るのは、医学博士で白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二先生。日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月下旬に公表した'16年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性は80.98歳と、過去最高となった。しかし、もちろん日本人全員が長寿というわけでもなく、地域差も大きい。日本人の死因1位の がん も、かなりの地域差がある。
 
たとえば、'15年厚生労働省人口動態統計による部位別のがん死亡率・生活習慣による死亡率、国立がん研究センター調査によるがんの罹患率を見てみると、肺がん死亡率は青森県が4位に対し、長野県は47位、胃がん死亡率は青森県1位に対し、長野県は43位という結果だった。白澤さんは、がんの死亡率・罹患率には食生活が与える影響が大きいと話す。
 
「現在では、がん治療の地域差はほとんどないため、発症率が高いほど死亡率も高い傾向にあります。がん発症の要因は、食生活、運動、ストレスの3つです。特に、その地域の特有の食生活によって野菜や塩分、脂肪などの摂取量の差が生じてきます。がんができるメカニズムは複雑なので、因果関係を特定することはできませんが、そういった要素が長年のうちに積み重なって、青森県と長野県のように大きな差になるのでしょう」(白澤さん・以下同)
 
長野県は昭和30年代ごろまでは、脳梗塞、脳出血などが原因で亡くなる人が多い短命県だった。だが県をあげて生活習慣を改善することで、 長寿県 へと生まれ変わったという。死亡率47位の長野県は、野菜の摂取量1位、生鮮果物の消費量も1位と、食物繊維やビタミン類をたくさん取る食文化が根づいている。
 
「野菜などで作った具を小麦粉で包んで焼いた『おやき』や『野沢菜』といった名物もあり、ふだんから野菜を食べる習慣が根づいています。野菜や果物に含まれるカリウムは、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出する作用や、血圧を下げる効果があります。さらには'81年から、行政主導で『県民減塩運動』に取り組んでいます」
 
もうひとつ、白澤さんが注目している要因は「運動」だ。標高の高いところで、農業に従事している高齢者は、足腰の強い人が多いそう。
 
「山の斜面も耕しているので、階段を上り下りするよりも大変です。仕事で体を毎日動かしている人は、病気にかかったとしても重篤化しない傾向にあります」
 
バランスのよい食事かどうか、何歳になっても働いているかどうかが、生活格差を生んでいるようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >