2018/05/30 16:00

米国が選ぶ健康法8年連続1位!“高血圧予防”がダイエットに

 
今年1月、アメリカのニュース雑誌『USニューズ&ワールド・レポート』が、'18年版ベスト・ダイエットランキングを発表した。40種類ものダイエット法を専門家らが評価し、疾患の改善性や減量の効果などを総合的に評価したところ、「DASH食」が8年連続第1位に選ばれた。
 
DASHとは「Dietary Approaches to Stop Hypertension(高血圧予防のための食事法)」の略。高血圧症を治療するために塩分の摂取量を減らし、野菜やフルーツ、低脂肪乳製品、魚介類や大豆製品を中心とした食事法だ。これが今「何をやってもヤセられない」と悩む人たちを救っているという。
 
日本高血圧学会で減塩委員会委員を務める日下医院(広島県呉市)の日下美穂院長が解説する。
 
「DASH食はもともと、減量を目的にした食事法ではありません。'97年にアメリカの国立衛生研究所が発表した高血圧症の治療食です。アメリカでは死因の1位が心筋梗塞などの心疾患で、高血圧症はその原因の1つ。生活習慣病の改善策として食事療法が考案されたのです」
 
同研究所が医学雑誌『ニューイングランドジャーナル』に発表し、大きな話題を呼んだ研究内容はーー。
 
アメリカ人男女459人に、アメリカの普通食を3週間食べてもらった後、3グループに分けて、摂取カロリーを同じにした普通食、野菜や果物の多い食事、DASH食をそれぞれ8週間食べてもらった。その結果、DASH食のグループは普通食を食べていた人たちと比べ、血圧は上(収縮期血圧)が5.5mmHg、下(拡張期血圧)が3.0mmHg下がった。さらに高血圧症の人の血圧は、上が11.4mmHg、下が5.5mmHgも下がった。
 
「DASH食は、塩分を排出する作用があるカリウムやマグネシウムなどのミネラル分をたくさん含んでいるので、血圧を下げる相乗効果があります。この研究では、野菜や果物だけを中心とした食生活より、DASH食のほうが効果が高いという結果も出ています。食品1つ1つの降圧効果は小さくても、低脂肪乳製品や青魚に含まれる不飽和脂肪酸などをバランスよく組み合わせると、血圧はより下がるということです」(日下先生・以下同)
 
そして、この 血圧を下げる食事法 が結果的に減量や肥満防止効果があることがわかってきた。
 
「日本人の食事は塩分に合う白いごはんが中心なので、醤油や味噌、漬け物などをよく食べます。こうした塩分の多いおかずではごはんが進んでしまいます。おかずの塩分を減らせばその分、ごはんの量は減ります。また、DASH食は野菜の摂取量も多い。野菜でかさが増えた分、ごはんなどの炭水化物を大量には取れなくなるのです」
 
白米やうどん、パンなどの炭水化物は、肥満のもとである糖質。糖質を減らせばその分、ヤセられるということだ。
 
もう1つの ヤセ効果 が、「むくみ」の解消。
 
「夕方になるとふくらはぎがパンパンに張って痛くなる人も多いですが、その『むくみ』は塩分の取りすぎが原因。塩分が多くなると、水分が体外に排出されにくくなります。本来、尿として外に出すべき水分が体内に残ってむくみとなり、その分、体重も増えるのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >