2017/09/03 08:46

生理が不調、なんかダルい人は要注意。30代から始める更年期の準備

 熟年になって突然怒りっぽくなった母親に接して「もしかして更年期症状かな」と心配になったり、「明日は我が身……」と暗い気持ちになったことはないでしょうか。

◆やがてくる「更年期障害」は予防できる

「更年期障害」は精神的に不安定になる時期、という捉え方をされがちですが、体調面での変化も多く見られます。

 更年期症状の診断のための「簡略更年期指数」(SIM)というチェックリストを見ると、月経異常、めまいや動機、大汗、疲れ、体の冷えなど様々な体調面での変化が起こることが分かります。

 さてこの更年期障害、できれば発症を遅らせたいし、症状が軽くあってほしいもの。今回は更年期障害の予防方法について「咲江レディスクリニック」の丹羽咲江先生にお話を伺いました。

――更年期障害を予防するにはどういったことに心がければよいのでしょうか?

丹羽「45歳から55歳の間に起きる『更年期障害』も、20~30代でも起きる『若年性更年期』も同じなのですが、生活が不規則だったり、食事の内容が偏っている、携帯やスマホを寝る直前まで見ていて眠りが浅い、忙しすぎて睡眠時間がそもそも足りない人は要注意です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >