2017/11/08 15:45

大人は「革の手袋」で小娘に差をつける!パリマダム流・手袋の選び方

ポンポンの飾りがアクセントの手袋。裏地はシルク生地を使用。195ユーロ
ポンポンの飾りがアクセントの手袋。裏地はシルク生地を使用。195ユーロ
 日に日に寒さが増してきました。ジャケットやコート類、巻き物、ブーツの季節が到来です。暑い季節の軽快なファッションも魅力的ですが、本当におしゃれな人には秋・冬が好きという人が多いようです。

 洋服から小物、靴までトータルでさまざま色を合わせたり、素材を組み合わせる楽しみがあるからと彼女たちは口を揃えます。手袋もまた、これからの季節、欠かせないアイテムですね。

◆差し色にもアクセサリーにもなる手袋

 必ず誰もが一つは持っているアイテムなのに、ただ寒さをしのぐためのものという扱いだったり、はめたりはずしたりがめんどうで…という人が意外に多いようです。

 自他ともに認める寒がりで、はじめてパリに住んだとき、そのあまりの寒さに驚いて、東京ではあまりしたことがなかった手袋を思わず買って使うようになったというフリーアナウンサーの中村江里子さん。最初に買った手袋はちょっと長めの丈のこげ茶色のものだったそう。

「素材は表が革で内側がカシミヤというのが一番暖かくて好きです。パリの冬は本当に寒くて、空は朝8時を過ぎてもどんよりグレーで寒がりの私にはこたえます(笑)」と、中村さん。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >