2017/11/27 08:44

2018春メイクはチークを思いっきり広く!吉川康雄に学ぶ「体温チーク」

2. 頬骨の高い位置から、外側に向かってスタンプ塗りをする
2. 頬骨の高い位置から、外側に向かってスタンプ塗りをする
「メイクはシミやシワを隠すのではなく、その人の個性を打ち出すフレッシュさが大事」と言うのは、ファッション撮影、広告、コレクションやセレブのポートレイトなどで世界を股にかけて活躍するメイクアップアーティストの吉川康雄氏。

 今回は、CHICCA(キッカ)の「2018年春コレクション発表会~Happy 10th Anniversary~」でインビジブルメイクを披露した吉川康雄氏から“体温チーク”を教えてもらいました。

◆顔以外にも艶感を

 パールのきらきらではなく、皮脂でつやつやしているかのような肌が今季も引き続きトレンド。最近のファンデーションはそんなナチュラルな艶感を完成するものが多いですが、吉川氏がすすめるのは、顔以外にも艶感を出すこと。メイクの前の顔の保湿はもちろんのこと、デコルテや腕にも保湿剤を必ずつけるようにしているそう。

 一時期流行したパールのボディパウダーをつけるよりも断然自然な輝きになるので、メイク前にはデコルテや腕にも保湿剤をたっぷりと塗って、フレッシュな肌作りをしましょう!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >