2018/04/01 08:45

“うねり”で脇腹シェイプ!代謝も上がる、お手軽エクササイズ

 日本で「ダイエットブーム」に火がついたのは1950年代の高度経済成長期。それから約60年以上経つ平成30年の今、変わらず女性の悩みになっているのが脇腹の贅肉です。

 今回はお腹のお肉を落とすために、簡単な「体幹うねりエクササイズ」をご紹介します。

◆体幹を動かして「うねり」を生む

 体幹には2つの部位が存在します。体幹の外側を構築する「アウターマッスル」は関節を動かしたり、体を外部の衝撃から守る役割があります。そして体幹の内側に存在する「インナーマッスル」は、姿勢を細かく調節したり、関節の位置を正常に保つ役割があります。

 体幹の筋肉を上手に動かすためには、アウターマッスルで外壁をしっかり固定して、インナーマッスルをほどよく動かしてあげる必要があります。

 皆さんの自宅にある洗濯機を思い浮かべてください。外壁のプラスチックフレームが止まった状態で、中にあるドラムが回ることで機内に溜められた水が渦巻いて洗濯物が洗われます。もし、洗濯機のフレームもドラムも同じようにくるくる回ると、水は回転して渦巻きません。つまり、“うねり”が生まれないのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >