2019/09/17 15:45

ふっくらヒップをつくる“寝ころんだままエクササイズ”3種

2 くっつけた足で床を押すように力を入れながら、お尻を持ち上げて10秒キープ
2 くっつけた足で床を押すように力を入れながら、お尻を持ち上げて10秒キープ
「美しいお尻」と一言にしても、どんなイメージなのかは皆さんそれぞれ違ったものかもしれません。これを解剖学的な目線で解説すると、3つのパーツが重要であることがわかってきます。この3パーツをそれぞれ鍛えることで、美しいお尻を手に入れることができます。

◆美尻パーツ1「中殿筋」

 まず一つ目がお尻の外側、「中臀筋(ちゅうでんきん)」です。この筋肉はお尻、骨盤の外側についている筋肉ですが、主に足を外側に広げる時に足を引っ張ってくれる筋肉です。

 しかし、足を外側に大きく広げたりする動きは日常生活にそれほど多くありませんよね。実はこの筋肉、本来は片足で立ってバランスを取る時や歩行の際に骨盤や身体全体が傾かないように支えてくれている筋肉、いわば「バランス筋」の1つなのです。

 この筋肉が低下すると、歩く際に骨盤が不必要に左右に振られて、不恰好な歩き姿になるだけでなく、骨盤の緩みを生み出したり、腰痛の原因となったりすることもあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >