2019/10/07 08:45

クレンジングシートは肌負担MAX。選ぶならオイル?クリーム?│医師に聞く

写真はイメージです(以下同)
写真はイメージです(以下同)
 アラフォー肌のケア法について学ぶ本特集。前回に続き今回も、NGケア法を皮膚科医でウォブクリニック中目黒の総院長、高瀬聡子先生に、お話を伺いました(以下、コメントは全て高瀬先生)。

◆肌にやさしいクレンジングはクリームタイプ

「クレンジング剤の肌への負担は、界面活性剤の含有量で決まります。強から弱に並べると、ローションorシート→オイル→ゲル→乳液→クリームの順。ローションやシートタイプは油分をほぼ含まず、洗浄力が高いぶん刺激になりやすいといわれている界面活性剤の洗浄力のみで落とします。

 そうすると天然のバリア機能である皮脂を取りすぎてしまうので、肌荒れにつながる可能性があります。ですから個人的にアラフォー肌には、ローションやシートタイプのクレンジングはお勧めしていません。『拭き取る』という肌を横方向に動かす刺激も、肌に負担がかかるからです。

 手軽に使えるので夜、眠気に勝てずメイクを落とす気力すらないときのアイテムとして持っておくのはOK。時間があるときは、できればクリームタイプのクレンジング剤で優しく落としましょう。クレンジングがおざなりだと、肌トラブルを引き起こしやすくなりますが、時間をかけて丁寧にしている人ほど、肌がキレイな人が多いものです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >