2018/06/09 20:30

大量の汗で乾燥肌に!?夏の肌を乾燥させるNG習慣4つ

夏は冬よりも湿気があり、皮脂や汗の分泌が増えるはず。なのに、「冬の時期よりもかかとがカチカチ、指先がカサカサに感じる」ことはありませんか?

プロネイリストが提唱する「油断していると危険な、夏特有のNG習慣とおすすめのケア」をご紹介します!

■夏特有の乾燥肌のNG習慣4つ

(1)大量の汗をかいてタオルで何度も拭う

夏は冬よりも皮脂や汗の分泌が増えるので、「お肌がしっとりうるおっているから乾燥なんてしないでしょう?」と思う方もいるでしょう。

しかし実際には、大量の汗をかくことでお肌の水分が失われたり、角層にある皮脂膜が流れたりします。

また、タオルなどで何度も汗を拭くことで、お肌のバリア機能が弱くなり、敏感肌の原因になることもあります。脱脂力の強いボディ&ハンドソープで洗いすぎることも、お肌の乾燥につながる場合があります。

(2)外出後、エアコンでキンキンに冷えた室内で涼む

暑い外から帰宅してすぐに、エアコンでキンキンに冷えたお部屋や扇風機の前で涼しい風にあたるのは、夏によくある光景ですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >