2018/04/17 20:30

美容師が教える「パックリ前髪」になりがちなNG習慣3つ

時間がないのに朝から前髪が決まらず、パックリとわれた前髪になってしまい、困ったことはありませんか?

今回は、長年美容師を続けてきた筆者が、「パックリ前髪になりやすいNG習慣」を3つ紹介します。

■パックリ前髪になりやすいNG習慣3つ

(1)髪の毛を乾かさないで寝る

お風呂からあがり、ドライヤーを使わずに自然乾燥したまま寝ると、ぱっくり前髪になりやすいものです。自然乾燥が悪いというわけではありませんが、髪の毛は毛先よりも根本側が乾きづらいのです。

そのまま寝てしまうと前髪に変なクセがつくだけでなく、地肌に雑菌が繁殖して、抜け毛の原因や髪の毛の傷みにもつながってしまいます。

自然乾燥である程度乾いたら、必ずドライヤーで乾かすようにしましょう。

(2)朝、ブローする前に髪をぬらしていない

朝起きてから、前髪をブローする時にやりがちなのが、髪をぬらさないでブローをすることです。

髪のクセは、乾いたままだと、どんなに熱を与えてもコントロールできません。前髪をぬらしてからブローをすることが大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >