2018/04/25 12:00

アンチエイジングにも◎栄養士が教える「そら豆」レシピ2つ

身体のむくみを解消してくれます。塩分が多い食事を摂る時は、カリウムを含む食材を積極的に摂取しましょう。

■新鮮なそら豆の見分け方

そら豆は、鮮度が落ちやすい食材です。

さやが濃い緑色で、筋が変色していないものが新鮮なしるしです。表面の産毛が取れていないかどうかも、鮮度を見分ける指標になります。さやが黒くなっているものは、鮮度が落ちているので避けましょう。

また、むき身よりも、さや入りのものを選ぶことがポイントです。さやから出した途端、どんどん風味が落ちてしまうからです。紫外線に当たると、「ビタミンB群」が分解されてしまうため、栄養素を守るためにもさや入りのものをおすすめします。

■そら豆の保存方法

鮮度が落ちやすい食材のため、購入したらできるだけ早く食べきりましょう。すぐに食べきれない場合は、薄皮がついた状態でフリージングバッグに入れて冷凍保存することがおすすめです。

より風味を残して保存したい場合は、さやごとフリージングバッグに入れて冷凍保存するという方法もあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >