2018/05/03 12:00

五月病に◎な食材は?栄養士が教えるストレス対策レシピ

新年度になり、部署移動や転勤、転職などで環境が変わった方も多いと思います。張りつめていた緊張の糸がゴールデンウィークで切れて、五月病になってしまうこともありますね。

一過性のものと思って放置していると、メンタルヘルスに影響する場合もあります。

そこで今回は、管理栄養士の筆者が、五月病の軽減に役立つ栄養素や、ストレス対策におすすめの食事の仕方とレシピをご紹介します。

■五月病の軽減に役立つ栄養素とは

五月病は、急激な環境の変化に対応しきれないことにより起こる症状です。ストレスをため過ぎない、頑張りすぎないことが大切ですが、食事でケアできることもあります。

「カルシウム」「マグネシウム」「コレステロール」「ビタミンB群」「ビタミンC」を含む食材をとり入れることがおすすめです。

(1)「カルシウム」が多く含まれる食材

「カルシウム」には、脳の興奮を抑える働きがあります。牛乳、小魚、大豆製品などに多く含まれています。カルシウムを豊富に含む食材だけでなく、カルシウムの吸収をよくする「ビタミンD」、骨に変換する「ビタミンA」を含む食材も併せて摂取するとよいでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >