2018/04/16 12:00

疲れ知らず!生命力に溢れ「いきいきしている人」の手相

■生命線が二重になっている

生命線の内側(親指側)に平行して沿うようにもう1本、カーブを描いている線はありませんか? 線が少し薄ければ「副生命線」、生命線と同じくらいの濃さであれば「二重生命線」です。

「副生命線」を持っている人はとてもパワフル。見た目は普通でも、実際は肉体的・精神的に人一倍タフなタイプです。また、「二重生命線」を持っている人は、生まれつき身体が丈夫で、五感が鋭く、すぐれた運動神経や音感を持っています。

疲れをものともせず、いつでも元気はつらつとしているでしょう。いきいきとした魅力に満ちあふれています。

いかがでしたか? 今回の開運コラムでは「いきいきしている人の手相」をご紹介しました。

手相に元気がなくて最近お疲れ気味の人は、しっかり休んで英気を養いましょう。楽しいことを考えながら木星丘と生命線の上をマッサージすることもおすすめです。

(占術家/伊藤マーリン
雑誌や書籍の占い・心理テストの原稿執筆、WEBやスマホの占いコンテンツ制作などで活躍中。オリジナルのアストロカード®講座を銀座で開催している)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >