2018/05/06 12:00

“肌の五月病”って!?肌荒れ悪化を防ぐケア法3つ

紫外線防止効果のあるファンデーション下地やリップなど、日焼け止め以外にも同様の効果が期待できるものもあります。日焼け止めクリームや日焼け止めジェルなどの代わりに使用したり、化粧直しなどで使用したりすると日焼け止め効果を持続させることもできます。

(3)保湿ケア

実は、五月の梅雨入り前の時期は湿度が低く、知らず知らずのうちに肌が乾燥していることがあります。

乾燥は肌のバリア機能の低下を加速させるため、化粧水だけでなく乳液をつけ、肌表面から水分が蒸発しないように保湿ケアを行うことが大切です。

■日常生活で気を付けること

食生活や睡眠などの日常生活を見直すことでも、肌荒れの改善が見込めます。

食事でバランスよく栄養を補うことで、肌へのダメージを抑えることができます。ストレスによりホルモンのバランスを崩している時は、肌のターンオーバーが乱れ、肌荒れを引き起こします。

亜鉛は肌荒れ改善に効果的

「亜鉛」は新陳代謝を促進させ、活性酸素を除去する酵素をつくりだすため、肌荒れの改善にも効果的です。肌をよい状態に保つためには、「ビタミン」や「食物繊維」などのさまざまな栄養素をバランスよくを摂る必要があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >