2018/05/23 12:00

迷いを感じた女性のための「心の処方箋BOOK」4選

(2)『されど“服”で人生は変わる』齋藤薫(講談社)

美容ジャーナリストとして活躍する齋藤薫さんは、多数の女性誌で連載を持つ人気エッセイストでもあります。そんな著者本人がオシャレに疲れてしまったことをきっかけに、「着る」ことで幸せになる方法を探ろうと書き始めたコラムをまとめたものが本著です。

毎日の服選びが憂うつで、どんな服を着ればいいのかわからなくなったオシャレ迷子だけでなく、服を通してどんな女性になりたいかを自問する人生の指南書としても活用できます。

(3)『赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック』野宮真貴(幻冬舎)

ピチカート・ファイヴの3代目ヴォーカリストとして音楽やファッションのアイコンとなった野宮真貴さんのエッセイです。

21歳から体重が変わらないという彼女の驚異のスタイルを保つための秘訣や、大人女性に必要な清潔感あるファッションやメイク方法のコツなど、自分を一番美しく見せるためのコツがふんだんに盛り込まれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >