2018/05/12 20:30

手抜きメイクに見えている!?やりがち「NGメイク」3つ

「ちゃんとメイクしているのに、すっぴんに見られる」という経験はありませんか? この場合に共通していることが、メイクアップの「漏れ」です。

これまで多くの女性を指導してきたメイクアップアーティストの筆者が、毎日のメイクの効果を引き出す、外せないポイントを3つご紹介します。

■毎日のメイクでありがちなNGポイント3つ

(1)目周りにファンデーションがついていない

目の周りは、皮膚が薄く色ムラも出やすい箇所です。上下ともに、まつげの際までファンデーションを付けましょう。この時、隠したいものがない場合には、厚く塗る必要はありません。

目周りのファンデーションの付け方

上まぶた:まつげの生え際、目頭、目尻のふちまでつけ、フェイスパウダーで押さえましょう。
下まぶた:あごを引いて上目遣いで鏡を見ると、皮膚が張り、まつげの際まで付けやすくなります。

(2)アイラインは目尻しか入れていない

まつげの上側、目尻だけに入れたアイラインは、目力アップ不足です。まつげが生えている根元に入れましょう。この時、目頭の始まりまでしっかり入っていると、メリハリのある印象になります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >