2018/05/04 12:00

筋肉には“朝大豆”が◎!?時間帯別「大豆の食べ方」3つ

たんぱく質や大豆イソフラボンを豊富に含み、糖質少なめな大豆は、LAR世代にとって、毎日の食卓にとり入れたい美容食材ですよね。
時間栄養学の第一人者である早稲田大学の柴田重信先生によると、大豆は1日中食べてほしい食材とのこと。

さらに、時間栄養学の観点からすると、同じ大豆でも食べる時間帯で効果が変化するため、1日のなかでもそれぞれおすすめの大豆の食べ方があるのだそう。朝・間食・夜の3つのシーンで、柴田先生おすすめの大豆の食べ方をご紹介します。

■柴田先生おすすめ、「大豆」の時間帯別のとり方3つ

柴田先生によると、「体の細胞は活性化する時間帯が部位に応じてそれぞれ異なります。例えば、筋肉へのアミノ酸の取り込みは朝に、骨へのカルシウムの取り込みは夕方、脂肪細胞への脂肪への取り込みのピークは夜に起こりやすいことがわかっています」

「筋肉をつけるのであれば朝に、骨を強くするのであれば夕方に、夜食として食べても糖や脂肪をため込みにくい。それぞれの目的に応じて1日中おすすめしたい食材」と話しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >