2018/06/25 12:00

40代からの腸活に◎!「毎日食べたいフルーツ」3つ

腸内フローラが美容と健康の要であることは、もはや常識となってきました。腸内フローラのために、発酵食品を欠かさない方も多いのではないかと思います。

ですが、腸内フローラのためには、発酵食品だけでは足りません。善玉菌のエサとなる食物繊維も必要です。

40代からの腸活に、「毎日食べたいフルーツ」を3つご紹介します。

■40代からの腸活に!毎日食べたいフルーツ3つ

(1)グレープフルーツ

柑橘系のフルーツには、ペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維が豊富に含まれています。柑橘系のフルーツでジャムを作ると、何も加えなくてもとろみがでるのは、このペクチンの働きです。

グレープフルーツは、ペクチンだけでなく、その香りに交感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながす働きが、そして苦味成分に食欲を抑える働きがあることがわかっていますから、ダイエット中のおやつにも◎。

(2)キウイ

キウイは、食物繊維が豊富なフルーツで、1個で3gの食物繊維を摂ることができます。日本人の平均的な食物繊維摂取量は、目標値に5g足りないといわれていますから、キウイを1個加えるだけでグッと目標値に近づきますね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >