2018/06/19 20:30

NGチークでおてもやん!?「自然なチークのコツ」3つ

メイクをしている時は気がつかなくても、外に出てみるとチークをつけすぎていたという方も多いのではないでしょうか。

コスメコンシェルジュの筆者が、おてもやんにならないチークの塗り方をお伝えします。

■塗る前にいったんオフして調整

パウダーチークを塗る時、ブラシにとってそのまま頬にのせてはいませんか? そうすると、チークがつきすぎてしまうので、いったん手の甲に置いて余分な粉をオフしてから頬に塗りましょう。

画像上の色味が、手の甲でオフせずにそのままのせた状態、下の色味が手の甲でオフしてからのせた状態です。同じ回数だけブラシを往復させていますが、発色が全く違うのがわかりますね。

ブラシを左右に往復させて調整

パウダーチークを塗る時は、薄づきを意識しながらブラシを左右に往復させて重ねていき、発色を調整してください。一方向に塗ると、画像上のように塗り始めた側(画像左側)が濃く発色してムラができます。

ブラシを左右に往復させながら塗ると、画像下のようにふんわりと均一な発色になりますよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >