2018/06/15 19:30

太りにくいお酒の飲み方って?栄養士が教えるコツ3つ

ジメジメした梅雨がすぎると、太陽がカンカン照りな日が続きますよね。気温がぐんと高くなり、ビール等のお酒が美味しい季節がやってきます。

ですが、「カロリーが気になってお酒を思い切り楽しめない」などのお悩みはありませんか?

今回は、管理栄養士の筆者が、「太りにくいお酒の飲み方」を3つご紹介していきます。

■お酒を飲むと太るのはなぜ?

お酒に必ず入っている「アルコール」を分解する「肝臓」という臓器は、糖質や脂質を消化吸収する臓器でもあります。

お酒を飲むとアルコールの分解がなによりも最優先されるので、一緒に食べたおつまみの栄養素を消化吸収できず、脂肪として蓄えられることが多いのです。

では、どうしたらお酒を飲んでも太りにくくなるのでしょうか?

■お酒を飲んでも太りにくくなる対策3つ

(1)お酒を飲む前に「食物繊維」をとる

酒類は一気に血糖値を上げ、その後乱降下を引き起こすきっかけにつながります。お酒を飲んだ次の日に、食べても食べても満腹感が満たされないのはこのためです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >