2018/07/05 18:30

糖質バテで太る!?医師が教える、夏太りするNG習慣3つ

寒暖差による自律神経の調節機能の低下が原因とされる、夏バテ。連日の暑さに、すでにだるさや疲れを感じている……という方も多いのでは。

夏は、夏バテ以外にも、血糖値の乱高下によって疲労を感じる「糖質バテ」にも注意が必要、と循環器専門医の池谷敏郎先生は注意を促しています。さらに、「糖質バテ」は夏太りにつながるのだそう。糖質バテを引き起こす、夏の「NG習慣」をお聞きしました。

■「糖質バテ」とは?

池谷先生によると、「血糖値を急激に上昇させると、急に上がった血糖値を下げるためにインスリンが働き、血糖値を急激に下げることになります。この血糖値の乱降下は疲労感を引き起こします。これを『糖質バテ』と呼んでいます」とのこと。

血糖値の急上昇で、脂肪を溜め込みやすく

「また、インスリンは体内の余分な糖を脂肪に変える働きがあるため、血糖値を急上昇させると、その分、体内に脂肪を蓄積することになります」

■「糖質バテ」を引き起こし、夏太りしやすいNG習慣3つとは?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >