2018/08/10 20:30

粉つけすぎで老け顔に!?つやを失う「NG肌ケア」3つ

夏場のお悩みといえば、メイク崩れに関するものが圧倒的に多くなります。「さっき直したばかりなのに、またファンデーションを塗り直さずにはいられない」ということもありますよね。

よかれと思ってしていたケアが、あなたの肌からつや感を奪っている場合もあります。メイクアップアーティストの筆者が、夏場に気をつけたいNGメイク&スキンケアを3つご紹介します。

■つやを失う!?夏に気をつけたいNGメイク&スキンケア3つ

(1)「フェイスパウダー」のつけずぎ

メイク崩れやテカリをおそれて、フェイスパウダーを使いすぎたりメイク直しでパウダーファンデーションを重ねすぎていませんか?

粉状のベースアイテムは皮脂や汗を吸収して、メイク崩れを抑える効果が期待できますが、使用量や使用頻度には気をつけなければいけません。

肌表面はうるおっているように感じても内部が夏枯れしいると、つや肌とはほど遠い状態になってしまいます。余分な皮脂だけをとり除き、不要に粉を重ねないように注意しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >