2019/02/12 12:00

冬の「寒冷ストレス臭」に要注意!医師が教えるニオイ対策

「ニオイケア」というと、夏のものと思う人も多いかもしれません。でも実は、寒い季節にこそ気をつけるべきニオイがあるそうです。

冬に起こる「寒冷ストレス臭」の原因や効果的な対策について、汗や体臭について詳しい五味クリニック院長の五味常明先生にお聞きしました。

■冬は汗の量は減少。でもニオイの元は夏の2倍に!

「冬は夏に比べて汗をかく機会が少なく、汗腺の機能が低下します。汗の量は減る一方で、汗に含まれるニオイの元となるミネラルなどの成分は、夏の約2倍に増加します」

「冬の汗はベタベタして乾きにくく、皮膚表面がよりアルカリ性になることで、皮膚常在菌が繁殖しやすくなります。冬の汗の方がニオイが強いのはこのためです」

■自律神経の乱れで「寒冷ストレス臭」が発生!?

「気温の低い室外と暖かい室内の温度差などで自律神経が乱れると、胃腸の働きに影響が出るなど、疲労物質が溜まりやすくなり、体臭や口臭の原因に」

「冬に体臭や口臭が強くなるのは、『寒冷ストレス臭』といえるでしょう。汗だけではなく、皮膚からの排出される”皮膚ガス”や呼気などもニオイの原因になります」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則正しい生活習慣を身につけると、生活が安定するよ。悪いク...もっと見る >