2019/05/15 19:30

写真映えする立ち姿に!「前で手を組んで美しく立つ」コツ

上品な立ち姿では、「手の仕草」を美しく見せるためにも「姿勢」が大切です。

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、さまざまな手の仕草の中でも、「身体の前で手を組んだとき」に、好印象を与える姿勢のポイントをご紹介します。

■「猫背」と「骨盤の角度」に注意!

無意識に身体の前で手を組むと、だらしない姿勢に見えるので注意が必要です。

手を前で組む姿勢は、「体幹」で身体を支えないと身体が丸まってだらしない印象となります。そして、体幹とともに大切なポイントは「骨盤の角度」です。

この2つのポイントを押さえて、手の仕草が上品に見える姿勢を目指しましょう。

■好印象を与える!「身体の前で手を組む」ときの姿勢

下記のNG写真とOK写真の「骨盤の傾き」に注目して見てください。

NG姿勢

体幹の力が抜けて背骨が丸まり、だらしない印象を与えます。

腕が身体の前にきて、猫背になっています。体幹の力が抜けていると、骨盤の傾きにも影響を及ぼします。骨盤が後傾しているため、だらしない印象になります

腕が身体の前にきて、猫背になっています。体幹の力が抜けていると、骨盤の傾きにも影響を及ぼします。骨盤が後傾しているため、力の抜けただらっとした感じになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >