2019/07/16 19:30

老化の3大因子に負けない!若々しい肌のためにすべきこと

皆さまは、「老化の3大因子」をご存知でしょうか? 美容の世界では「酸化」「糖化」「炎症」の3つが老化につながる大きな要因といわれています。

昔からよく聞く「酸化」、最近よく耳にする「糖化」、そして「炎症」。「老化の3大因子」というとき、第3の要素としてホルモン分泌や光老化などさまざまな説がありますが、今回は、3番目の因子として、お肌との関わりの深い「炎症」をとりあげます。

エステティシャンの筆者が、老化の3大因子を解説し、対策をご紹介します。

■酸化

「活性酸素」と「抗酸化」という言葉をよく耳にすると思います。

身体のサビといわれる活性酸素が体内で発生しすぎることで細胞にダメージを与えて、老化や不調などの原因につながるといわれています。肌でいうとシミ、しわ、乾燥、ニキビなどの原因につながります。

酸化を防ぐ対策としては、まず、活性酸素の原因になることを減らすこと。そして、活性酸素を除去したり無毒化してくれる抗酸化作用をもつ栄養素を摂取することです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >