2019/07/22 12:00

更年期へ内側からアプローチ!積極的にとりたい栄養素って?

更年期、とは具体的に何歳頃からかご存知ですか? 閉経をはさむ前後5~10年の期間のことを更年期といい、だいたい45~55歳が相当します。

更年期がきてから慌てないためにも、30代のうちから対策をとることが肝心です。

不調は体内から起こりやすいため、食事などの内面からのアプローチが大切になります。

管理栄養士の筆者が、更年期対策のために今から摂りたい栄養素をご紹介します。

■更年期症状とは?

卵巣の機能が低下するとともに、女性ホルモンが減少します。その間にさまざまな不調が起こることを、更年期症状といいます。

症状は人によりさまざまですが、主に下記の項目が挙げられます。

・自律神経の乱れ(ほてり、発汗、のぼせ、動機、めまい、頭痛)

・精神的な不安(うつ症状、意欲低下、イライラしやすい)

・その他、腰痛や食欲不振、皮膚の乾燥、排尿障害など

■更年期の女性は「ビタミンB1・B2・E」が不足している

更年期の多くの女性が、血中のビタミンB1・B2・Eの数値が低いといわれています。それぞれのビタミンの働きをご説明します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >