2019/08/31 19:30

サラサラ好きがテカリを招く?夏の皮脂との上手な付き合い方

ベタつきが苦手だからといって、いつも肌をサラサラな状態にしていませんか? 涼しげなサラサラ肌はメイク崩れと無縁に感じるかもしれませんが、実はその意識がメイク崩れを招いてしまう可能性があります。

美容ライターの筆者が考える、メイク崩れ対策をご紹介します。

■保湿をしっかりする

夏は、サラリとした肌が心地いいもの。しかし、ベタつきをおそれて保湿を控えると、肌が乾燥しやすくなります。

大人の肌にとって、油分不足は過剰な皮脂分泌を起こす原因のひとつになります。夏場でもしっかりと保湿しましょう。

「額や鼻はテカるのに、頬や口周りがかさついたり、突っ張ったりする」そんなアンバンランスな状態は乾燥のサインなので、保湿力の高いスキンケアアイテムに変えてみましょう。しっかり保湿されることで、皮脂の分泌が落ち着くことがあります。

■“落としすぎない”お手入れに切り替える

皮脂の落としすぎも乾燥の原因につながります。ピーリングやゴマージュ、酵素洗顔などの洗浄力の高い洗顔料を頻繁に使ったり、あぶらとり紙でこまめに皮脂をとると、肌が必要とする皮脂まで落としてしまいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >