2019/07/26 12:00

何気ない行動が臭いのもとに!?「汗が臭うNG習慣」5つ

暑い日は自分の汗で臭っていないか気になると思いますが、実は、汗をかいた時に臭くなりやすい習慣というものがあります。

国際薬膳調理師の筆者が、薬膳のベースになっている中医学(中国伝統医学)の目線で、汗が臭うNG習慣を5つご紹介します。

■汗をかいた時に臭くなりやすい習慣5つ

(1)ニンニクや香辛料などをよく食べる

薬膳の世界では、食材をおおまかに3つのグループに分類分けします。温める性質がある「温熱性(おんねつせい)」、冷やす性質がある「寒涼性(かんりょうせい)」、どちらにも属さない「平性」の3つです。

にんにくなどの香辛料は「熱性」に分類されます。熱性は薬効が強いため、多食すると身体に熱をうみやすいといわれていますが、この熱が体内に溜まることが臭いをうむ原因とされています。

汗の臭いが気になる場合は、にんにくや香辛料が入った料理は控えシンプルな味付けのものを中心とした食生活を心がけましょう。

(2)運動をしない

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >