2019/08/05 20:30

脂取り紙で崩れが加速!?パーツ別「やりがちNGメイク直し」

朝きれいに仕上げたメイクも、午後になると崩れていることがありますよね。メイク直しをしてすぐに崩れたのなら、メイク直しのやり方が間違っているかも知れません。

美容ライターの筆者が、ついやってしまいがちな「NGメイク直し」をご紹介します。

■ファンデーション編「NGメイク直し」

ティッシュや脂取り紙を使う

メイク崩れが一番目立つのが「ファンデーション」です。時間の経過とともにTゾーンなどがテカりやすくなってしまいます。

これを手っとり早く修正したいからといって、ティッシュや脂取り紙を使うのはNGです。これらを使うと、必要な油分までとり去ってしまいます。

メイク崩れが気になる部分は、水を含ませたコットンでポンポンとやさしく馴染ませましょう。個包装になっている「清浄綿」をポーチに入れておくと便利です。

■目もと編「NGメイク直し」

ヨレを直さず、そのまま上に塗り重ねる

目もともメイクが崩れやすいパーツです。アイシャドウが二重まぶたの溝に溜まったり、アイラインが途中からぼやけてしまったりすることがあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >