2019/08/03 20:30

ピンクで目元を華やかに!失敗しない「ピンクメイク」のコツ

ピンクメイクは、華やかで女性らしい印象を与えます。しかし、「何度もチャレンジしてみたけれど、どうも目元が腫れぼったい印象になってしまう」という声も聞きます。

ピンクメイクを成功に導くには、ちょっとした工夫が必要です。コスメコンシェルジュの筆者が、ピンクメイクが得意になるコツをご紹介します。

■ピンクのカラーニュアンスに気をつける

ピンク色とひとことでいっても、そのバリエーションはとても豊かです。かわいらしいベビーピンクや、大人っぽいくすみピンク、パール、ラメが入ったものからマットなものまであり、どれを選ぶかによって目もとの印象がかわります。

そのなかでも、腫れぼったくさせにくいアイシャドウは「ダスティピンク」です。パールやラメは光を拡散させるため膨張して見えやすいので、マットな質感のものを選ぶとシャープな目元を叶えられます。

■アイシャドウを塗る部分を見極める

二重の形状を考えずにアイシャドウを塗ってしまうと、腫れぼったくみえやすいので要注意です。二重の形によって、アイシャドウを塗るべき部分がかわります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >