2019/08/06 20:30

大人女性の常識!気持ちがきちんと伝わる「お礼状」の書き方

愛される女性は、お礼を伝えることを忘れません。お礼は迅速に、素直に伝えることが大切です。

マナー美人が実践しているポイントをミニマムリッチコンサルタントの筆者がご紹介します。(ご紹介する例文は、目上の方を想定しています)

■時間をさいてもらったことのお礼

時間は、人生のなかでもとても貴重なものです。その時間をつくっていただいたことに、お礼の気持ちを伝えます。

例文

「お忙しいなか、貴重なお時間を頂戴し、(お時間をつくってくださり)ありがとうございます」

■不首尾の時にもお礼を伝える

相手に頼みごとをした場合、それがうまくいった時はもちろんですが、そうでない時にも忘れずに感謝の気持ちを伝えましょう。むしろ、うまくいかなかった時の方が、相手は精神的な負担を感じています。

例文

「この度は、ご足労、ご心労をおかけし恐縮です。深くお礼を申し上げます」

■過去の出来事へのお礼

いただいた恩は忘れずに、たとえ過去の出来事であってもお会いした際には改めてお礼の言葉を伝えましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >