2019/09/14 20:30

しっかり寝たのに朝だるい?薬膳的「すっきり目覚める方法」

朝起きて、「まだまだ眠い」「エンジンがかからない」と、朝が苦手という方も多いのではないでしょうか? 起きた時にだるさを感じると憂うつな気分になってしまい、出社するのもツラく感じてしまいますよね。

しかし、そのだるさは食生活やライフスタイルが原因かもしれません。国際薬膳調理師の筆者が、薬膳の目線で朝の目覚めをよくする方法を3つご紹介します。

■薬膳的「朝の目覚めをよくする方法」3つ

(1)夜に食べ過ぎない

朝にだるさを感じる時は、前日の夜に食べ過ぎている可能性が高いです。なぜなら、「消化にもエネルギーを使う」と中医学(中国伝統医学)では考えられていますので、夕飯をお腹いっぱいまで食べてしまうと翌朝に重だるさを感じてしまうのです。

消化に時間がかかるのは食事の量だけではなく、脂っこい物や辛い物などもあてはまります。夕飯はお腹8分目くらいの量を食べ、やさしい味付けのシンプルなメニューにしましょう。

夕飯メニューの例

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >