2019/08/26 20:30

ダイエットで身体が臭う!?気をつけたい「夏のNG習慣」

知らず知らずのうちに、自分の体臭で他人に不快感を与えてしまうのはさけたいものです。露出の多い夏だからこそ、臭いには配慮したいですね。

実は、毎日の生活習慣が嫌な臭いを発する元になることもあります。コスメコンシェルジュや美容ライターの筆者が、「身体の嫌な臭いの原因をつくるNG習慣」を4つご紹介します。

■「身体の嫌な臭いの原因をつくるNG習慣」4選

(1)偏った食生活

体臭といえば「汗」を連想する人も多いと思いますが、汗そのものには臭いがほとんどありません。汗に含まれる脂質やタンパク質を皮膚常在菌が分解することで、臭いが発生します。

偏った食生活で肉類やニンニク、動物性脂肪(チーズや牛乳)などを多く摂っている人は要注意です。

(2)お酒の飲み過ぎ

お酒の飲み過ぎ

アルコールの摂りすぎは、体臭のみならず口臭を招く可能性があります。

アルコールが体内で分解されると、「アセトアルデヒド」という物質に変化します。これが血液のなかを通って汗腺や肺に運ばれると、嫌な体臭へとつながります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >