2019/09/27 20:30

手触りが変わる!乾かすだけで美髪になるドライヤーのかけ方

年齢とともに髪の毛の細さが目立ってきたり、ハリやコシが気になったりしますよね。

何気なく使っているドライヤーも使い方を間違えると、髪の毛のキューティクルがいたんだり、細毛やハリ・コシを失くす原因につながったりしてしまいます。

美容師やヘアメイクのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、美髪に導く正しいドライヤーのかけ方をご紹介します。

■プロが教える「ドライヤーの正しい使い方」5つ

(1)ドライヤー前のタオルドライはやさしく行う

髪の毛の水分を早くとろうとしてタオルでゴシゴシ拭くと、髪の毛のキューティクルが摩擦でいたんでしまいます。

タオルドライをする時は、タオルで髪をやさしく包んで抑えるように水分を拭きとりましょう

タオルドライをする時は、タオルで髪をやさしく包んで、押さえるように水分を拭きとりましょう。

(2)乾かす前に、髪の毛をとかす

髪の毛が長い方やダメージ毛の方は、シャンプー後に髪の毛が絡まりやすくなります。絡まった状態のまま乾かすと絡まりが悪化しやすいので、髪の毛をとかすことが大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >