2019/08/31 12:00

色で栄養がわかる!「野菜をバランスよく食べる方法」3つ

色別に期待される働きとして主なものをあげると、赤は「抗酸化作用」、橙は「免疫力強化」、緑は「デトックス」、白は「血液サラサラ」、黒(紫色のものも含む)は「アンチエイジング」となります。カラフルな食卓を心がけると良いですね。

(2)旬の野菜を意識する

旬の野菜は、その時一番身体が欲する栄養素が含まれているといわれています。例えば、夏の野菜である「ナス」や「キュウリ」などのぶら下がり野菜は身体の火照りを鎮める作用があり、旬の時期にとることは理にかなっていますよね。

旬の時期が栄養価も1番高いといわれているので、最低でも毎日1つは旬の野菜をとるようにすると良いですね。

(3)自分の生活パターンを知り、普段あまりとらない野菜にも意識する

嗜好やライフスタイル、仕事の有無によって、どの野菜を購入するかは個人で異なります。毎日お弁当をつくっているのなら、お弁当に入れやすい「ミニトマト」や「ブロッコリー」の購入頻度は高いと思います。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >