楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/05 19:30

シャンプー後の乾かし方で髪が変わる!髪を守るヘアケア習慣

■スタイリング材

髪質や目的に合わせて、スタイリング材(整髪料)を選びましょう。適切なスタイリング材選びと、つける量が肝心です。

ハイダメージで広がる髪をまとめたい方は「ヘアオイル」、髪のパサつきを抑えたい方は「ヘアミルク」、髪に動きをつけたい方は「ワックス」固まる度合いや質感が豊富です。

髪を固めたい方は「ハードスプレー」、根元をふんわり立ち上げたい方は「パウダー状ワックス」がおすすめです。

人気のバーム系ヘアワックスでリップクリームにも使えるようなタイプは、ヘアオイルやヘアミルクのような位置付けになります。固める力はなく、トリートメント要素が大きいのが特徴です。

アイテムの併用使いもおすすめ

ヘアオイルやヘアミルクのなかには、ぬれた髪に使用する「アウトバストリートメント」も多く、その場合はセット力(髪を固める効果)はありません。

うるおいを与える目的で使用するアイテムを使ってから髪型を整えたい場合には、セット力のあるスタイリング材を併用して仕上げましょう。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >