2019/10/16 20:30

UV-A対策不足で老け肌に!?秋冬もUV対策すべき理由

10月の紫外線量は、日差しが強くなってくる春とさほど変わらないことをご存知でしたか? 感じる気温や体感での日差しはだいぶ和らいでくるものの、紫外線量はまだまだ油断ができないシーズンです。

旅行やおでかけに行く人も多いけれど、夏と同じくらいしっかりとした紫外線対策が必要です。とくに、肌が黒くなる日焼けはしなくても、肌老化の原因になる「UV-A(紫外線A波)」は一年中注意が必要です。

エステティシャンの筆者が、肌老けの原因につながる「UV-Aのデメリット」を紹介します。これを読めば、面倒でも日焼け止めを塗る習慣をつづけるモチベーションになるはずです。

■シワ、たるみを引き起こす「UV-A」

紫外線の約95%は「UV-A」といわれています。この波長は「UV-B(紫外線B波)」と違い、肌を赤くしたり黒くするような強烈さはないものの、肌の真皮層に到達してコラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。

コラーゲンやエラスチンは、肌のハリや弾力を司っている成分です。この成分が紫外線によって変質したりダメージをうけるということは、肌が老化するということにつながります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >