2019/11/14 12:00

栄養士に聞く、ダイエットフードに「高野豆腐」が最適な理由

日本の伝統的食材の一つである「高野豆腐」は、豆腐よりもカロリーが低く、「タンパク質」「脂質」「カルシウム」「鉄」等の栄養素を多く含むことを知っていますか?

食感がボソっとしているため苦手な方も多いと思いますが、ダイエットや健康維持に向いている食品なので、ぜひ食卓にとり入れてみてください。

管理栄養士の筆者が、高野豆腐がダイエットに向いている理由を3つご紹介します。

■高野豆腐とは?

高野豆腐とは?

高野豆腐は、「畑の肉」と呼ばれる大豆から作った豆腐を凍らせて熟成し、乾燥させて保存食としてつくられたものです。凍り豆腐といわれることもあります。

大豆100gから生の豆腐は300g(約1丁)、高野豆腐は45g(約2枚と1/4枚)作られることから、大豆の栄養がギュっと濃縮されていることがわかります。

■「高野豆腐がダイエットに向いている理由」3つ

(1)コレステロールを減らしてくれる

高野豆腐は木綿豆腐の約8倍脂質が含まれています。「脂質が多いならダイエットにむいていない!」と思われる方も多いと思いますが、安心してください。乾燥した高野豆腐(凍り豆腐)に含まれている脂質34.1g(100g中)のうち、不飽和脂肪酸は25.7g。つまり、半分以上が不飽和脂肪酸になります。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >